レシプロマニア ロゴ    
ホーム  新刊情報  新製品情報  航空機  艦 船  装甲戦闘車輌  ジオラマ  ツール  雑記帳 ★★★★★
1/35 日本陸軍 98式4t牽引車 シケ 機動90式野砲付
日本陸軍 火砲その他 資料
1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.58 95式小型乗用車 くろがね四起 エアブラシ

日本陸軍装甲戦闘車輌  日本陸軍 戦車    日本陸軍 火砲その他   

 ドイツ陸軍車輌  ソビエト陸軍車輌  アメリカ陸軍車輌  イギリス陸軍車輌  日本陸軍車輌  イタリア陸軍車輌 
                         
★日本陸軍 火砲その他 資料リポート キットはこちら! 
資料ランキング 考証機材 リポート
丸 2014年 07月号
丸 2014年 07月号 [雑誌]

★★★★★
くろがね四起
伊勢
日向
2014/5/28更新

巻頭カラーグラビアでは国内で発見された「くろがね四起」のカラー写真が4ページ紹介されています。
下記の「歴史群像」に掲載されているものと同一の車輌ですが、本書は大判の書籍だけあって写真のカットが大きめとなっているため、見やすくなっています。

特集は「伊勢・日向 ハイブリッド戦艦の軌跡」
航空戦艦伊勢・日向の壮絶な最期が、当時のモノクロ写真9ページで紹介されています。
最初のページは呉で空爆を受けている伊勢の空撮の有名なワンショットですが、以降は戦後米軍によって撮影された伊勢・日向の被害状況の未発表記録写真です。着弾箇所が英語で記入されています。

ここでは、爆撃で被害を受けた艦橋や、垂れ下がって取り付け基部の見える高角砲砲座、爆弾の直撃によって穴のあいた第3砲塔の天蓋、爆撃のショックで転落したエレベーターなどディテールのよくわかるショットが掲載されています。
射出甲板はコンクリートが粉々になった様子が写っており、コンクリートが充填されていたことがよくわかります。


歴史群像 2014年 06月号 くろがね四起
歴史群像
2014年 06月号 [雑誌]

★★★★★
くろがね四起
初期型
2014/5/13更新

国内で発見された「くろがね四起 初期型」の実車カラー写真が巻頭グラビアで4ページ紹介されています。
原型はとどめていますが、前照灯などのパーツはクラッシュしていたり、かなりイタイ状態です。

機銃取り付け基部や鬼タイヤなどの外観だけでなく、運転席やメーターパネル・エンジンルーム・フロントサスペンションなどの内部の写真も紹介されています。
興味深いのは、米軍のウィリスジープとドイツのキューベルワーゲンとくろがね四起のスペックが一覧表で紹介されており、現存する実車が3台ならんでいる写真も掲載されています。
また、ノモンハンでソ連軍に鹵獲された「くろがね四起」や、米軍に鹵獲された「くろがね四起」の当時のモノクロ写真も2ショット紹介されています。

この車体は修復される予定とのことですが、ケッテンクラートのように本格的なレストア写真集が出版されることを切に希望します。


日本の信号ラッパ


機械化部隊の主力戦車
(日本陸軍写真集)

★★★★★
97式指揮戦車
97式中戦車改
試製2式砲戦車
試製百式観測挺進車
8センチ阻塞弾発射機
98式4t牽引車
90年式7.5センチ野砲
報道カメラマン菊池俊吉氏が撮影した、日本戦車の演習風景の写真集です。
非常に鮮明な写真が多く、戦車の機動している迫力が伝わってくる一冊です。
試製二式砲戦車と試製一式砲戦車は完成テストとしての演習参加だったようです。
下に紹介の「大陸の機甲戦闘演習」や「鋼鉄の最精鋭部隊」とは内容的にはかぶります。
が、本書のほうが先に出版されたため、内地での演習と大陸での演習が混ざって掲載されており、そのあたりを整理、分類したものが前出の二冊とおもわれます。
砲塔や履帯など、生きている日本戦車の各部位のクローズアップ写真も多く、ディテールアップの資料としてはこの上ない貴重なものといえます。
1ページ1カットや、2ページ見開き1カットのような大きめ写真も多く、最も小さいカットでも1ページ2カットで掲載されているので、非常に見やすい大きさになっています。
目次の内容としては
口絵、千葉戦車学校、公主嶺戦車学校、牡丹江107部隊、千葉戦車学校と演習場、騎兵学校、観兵式/他、九七式戦車-その誕生から終焉まで
となっています。
ミリタリー スイスタイプ ブランケット【ラージ】
ミリタリー
スイスタイプ
ブランケット【ラージ】

丸 2012年1月号
丸 2012年 01月号 [雑誌]

★★★★★
四式15糎
自走砲
特筆事項は本邦初公開の「四式15糎自走砲」のモノクロ写真です。
この四式15糎自走砲はフィリピンに投入された車輌で、前後・側面・上面からの鮮明なカットが5ページにわたり紹介されています。これらの写真は米軍によって撮影された写真で、格納状態の砲弾の写真もあり、非常に貴重な資料といえます。
また本書では、12月10日に公開されるNHK土曜ドラマスペシャル「真珠湾からの帰還」の甲標的も紹介されています。
撮影に使用された甲標的のセットと潜行中の外観のカラー写真で、ドラマの解説がされています。
このセットは考証もしっかりとした、なかなかのものというふれこみです。
内容はタイトルでもわかるように、酒巻少尉の真珠湾攻撃から内地帰還までのドキュメンタリータッチの物語です。
日本製 日本陸軍100式飛行時計の復刻!自動巻き


日本製 日本陸軍
100式飛行時計
の復刻!自動巻き

日本陸軍装軌式特殊車両
GROUND POWER
(グランドパワー)
2011年 08月号 [雑誌]

★★★★★
日本陸軍装軌式特殊車両 探索中 ドイツ、アーミーショルダーバッグ
ドイツ、アーミー
ショルダーバッグ
(新品、ミリタリー)

日本陸軍の戦車砲と自走砲
GROUND POWER
(グランドパワー)
2008年 10月号 [雑誌]

★★★★★
戦車砲
自走砲
探索中

日本軍装甲車
GROUND POWER
(グランドパワー)
2010年 06月号 [雑誌]

★★★★★
戦車砲
自走砲
探索中 DOBAZ ドバズオリジナルパーカー (オレンジ×ブルー)ドッグウェア (S)
DOBAZ ドバズ
オリジナルパーカー
(オレンジ×ブルー)
ドッグウェア (S)

日本陸軍の特殊部隊
GROUND POWER
( グランドパワー )
別冊 日本陸軍の特種部隊 [改訂版]
2009年 11月号 [雑誌]

★★★★★
特殊車輌 探索中 Snugpak(スナグパック) スリーカフォース35
Snugpak
(スナグパック)
スリーカフォース35

日本陸軍の対戦車砲
GROUND POWER
(グランドパワー)
2009年 02月号 [雑誌]

★★★★★
対戦車砲 探索中

大陸の機甲戦闘演習
大陸の機甲戦闘演習
満州公主嶺・代々木・銀座
(日本陸軍の機甲部隊)

★★★★★
探索中

鋼鉄の最精鋭部隊
鋼鉄の最精鋭部隊
千葉戦車学校・騎兵学校
(日本陸軍の機甲部隊)

★★★★★
探索中

日本軍戦闘車両大全
日本軍戦闘車両大全
装軌および
装甲車両のすべて
(日本陸軍の機甲部隊)

★★★☆☆
日本陸軍
装甲車輌
日本陸軍の戦車全般の特集です。
巻頭には、現存する八九式中戦車と九七式中戦車のカラー写真が紹介されています。
その後に、米軍が写した四式重迫撃砲の当時のカラー写真が掲載されています。
草色・土地色・枯草色に塗装されたこのショットは少々退色していますが、終戦直前の迷彩を知るうえでも貴重な資料といえます。
本書では当時のモノクロ写真は小さく掲載されており、ディテールを確認できるものは少ないようですが、巻頭のカラー写真の次の各車輌のカラーイラストは迷彩色の考証がなされており、カラーリングの参考になりそうです。
また、当時販売されていた、彩色された戦車の絵葉書も紹介されています。

日本陸軍装甲戦闘車輌  日本陸軍 戦車    日本陸軍 火砲その他   

         
 ドイツ陸軍車輌  ソビエト陸軍車輌  アメリカ陸軍車輌  イギリス陸軍車輌  日本陸軍車輌  イタリア陸軍車輌 
★日本陸軍 火砲その他 資料リポート キットはこちら! 

ホーム  新刊情報  新製品情報  航空機  艦 船  装甲戦闘車輌  ジオラマ  ツール  雑記帳